教育ローン比較の注意点top

教育ローン比較の注意点

学費の調達と各世帯の事情
教育費は入学金や授業料など一時期にまとまった金額が必要になることがあります。 特に大学などで自宅から通学できない範囲の学校に進学する場合などは多額な費用が必要です。 引越し費用、住居、家電、家具などのその他の諸費用まで必要になるからです。

大学に限って話を進めますが、私学に進学すれば初年度で平均約150万円、国公立で約82万円の学費が必要になります。

さらに自宅外通学ともなれば上記に記載した諸費用も必要になるから大変な出費額になります。 だからこそ、学資保険や預貯金の積み立てなどの事前の準備を怠らない世帯が多いのです。

しかし、そういった来るべき時に使用できる学費のための準備を行っていない、 あるいは行えなかった世帯も当然あります。そういった世帯の親御さん方が選択するのが教育ローンや学資ローンというわけです。

教育ローン比較する上で知っておきたい事
進学に必要な学費などをローンで工面するという方法ですが、 申し込み先はたくさん存在します。

国の教育ローン、JAバンク、ろうきん、銀行などありますが一個一個公式サイトを確認するにはとても時間がかかります。

まずはご自身が最重要視するポイントを整理して比較・検討する事が一番です。 例えば、最大融資額・融資までのスピード・借りやすさ、などです。

ローン利用時の注意点

住宅ローンなどを利用したことがある方や、 もしくは現在も利用している方ならばローン利用時の注意点はある程度熟知していると思われます。

しかし、今まで一度もまとまったお金を借りたことが無い。 数年間も返済するような借り入れをした事がない。 という方は少し知識の補充をしておくと後々になって悔しい思いをしないで済むこともあるのです。

不景気だからこそ賢く立ちまわる
「 なぜ多くの人が教育ローンの比較を行うの? 」、 その理由は少しでも返済総額が少なくなるようにしたいという思いがあるからです。

子供さんの学費は住宅購入費用、自動車購入費用などと並んで大きな費用が必要な出費です。 一般家庭ではこの大きな負担に備えて様々な方法を実践していますが、 それでもローンでやりくりする世帯も多いのです。

当サイトでは多く世帯の方が少しでも有利に進学に関するローンを利用できるようなヒントを提供させていただいております。 情報は全て無料ですのでご活用していただければ幸いです。


あわせて読みたい関連記事【外部リンク】
教育ローン比較・検討サイト
教育ローンを利用するにはどこが一番有利か、金利・条件を比較して検討したい人、教育ローンの申し込みを検討している人はこちらを参考にして下さい。

教育ローンと学資保険の比較
必要な時期に融資を受ける『教育ローン』と お子さんが小さい頃から少しずつ貯蓄するという要素の強い『学資保険』を単純に比較する事はナンセンスです。 教育ローンと学資保険は単純に比較する事は出来ません。しかし見方を変えると実は…。


教育ローンイメージサイド1

▼関連サイト【外部リンク】

  • 賢く借りる為の用語集教育ローンを賢く利用する為には基本的な事柄や用語などを正しく理解したいものです。

▼更新情報

  • 2012年3月 リンク集更新
  • 2010年12月 全面リニューアル
  • 2010年7月 当サイトOPEN
  • xmlサイトマップ

▼スポンサードリンク