教育ローン比較の注意点 contents top

改正貸金業法関連の影響

ご存知の通り改正貸金業法は多くの人に影響が出ています。 もともとキャッシングなどの小口現金融資などを利用する人が、 安易に多重的な債務状態に陥るケースが激増した事を受けての措置が改正貸金業法の目的にあります。

もちろん改正貸金業法を取り入れる事で、 自己破産に至るケースや多重債務者が激減するかどうかはわかりません。

身近な改正貸金業法関連の影響
身近な改正貸金業法関連の影響としてはキャッシング事業などが柱である消費者金融業界があります。

当然、以前よりも借入れを行う条件が厳しくなっていますし利息も低くなっています。 貸し出し利息の低下が消費者金融各社の経営悪化に直結しているのです。

さらに以前よりも収益性が落ちる為、 無理な貸し出しを行わず審査も厳しくなる傾向があります。 これに関してはキャッシング関連のサイトである「 キャッシングの審査 」などを参考にして頂くと良いでしょう。

これは大手の消費者金融会社でも例外ではなく、 今や銀行などの資本的な援助を受けなければ経営すら成り立たない状態といえるでしょう。

身近な改正貸金業法関連の影響点

さらに改正貸金業法の影響は消費者金融業界だけでなく、 信販系の企業にとっても大きな影響を及ぼしています。

例えば、信販系の会社も個人の小口融資を収益の柱とする企業も多いのです。 そういった大手の信販系の企業は新たな収益の柱として教育費ローン市場に目をつけています。 すでに信販系の大手の会社が具体的に教育費のローン市場に進出を始めています。

今後、ますます教育費をめぐるローンサービスが激化すれば、 借り手側にとっては有利になる可能性は高いと言えるでしょう。

最近では銀行などの教育ローンの市場への進出拡大をねらった動きもあるようですし、 こういった動きは少なからず利用者にとってはとても有利に働く事が多いだけに、 情報収集は最新で信頼のおけるところから行いたいものです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク