教育ローン比較の注意点 contents top

申込み前に確認する事

借りたものは返す。特にお金にからむことは非常にシビアです。

しかも我が子には学歴のことでハンデを感じないように精一杯支援したいと考えるのが親心です。 ここでは教育ローン申し込み時の注意点をいくつか紹介したいと思います。

申込み前に整理しておきたい事

返済に関して 金利も重要ですが毎月の返済額がどれくらいになるかを把握しておくことも重要です。利用先の金融機関のホームページなどに返済シュミレーターなどがあれば積極的に利用したいものです。
諸費用に関して 表面金利の数字ばかりを見て申込みをしたら、実は保証料が別、繰越返済の際の手数料が高い、変動後に金利が高くなる。こういった話は良くあることです。最終的に返済総額がいくらになるか?まずは自分自身で確認することが必要です。
審査に関して ●●の条件が一番いい。いざ申込んだら希望どおりの結果にならなかった。慌てないようにするためには第二候補、第三候補ぐらいの選択肢は用意したいものです。

難しい学費のやりくりと各世帯の家計

教育ローンに限らず融資を申込む前に確認することは幾つかあります。

必要金額と支払い可能金額の把握
まずどれだけの金額があれば必要な出費分に対して足りるか?という事です。 次に返済期間や返済額が支払い可能範囲かどうか?です。

学費が膨大に必要になる学部や学校に進学した世帯の方はもちろん、 教育ローンや学資ローンのお世話になるかと思います。

一方で、蓄えてきた教育費が足りないから借り入れを申込む世帯の方もいらっしゃるかと思います。 どちらにしても学費を借入れする場合には、 いくらでも借り入れしても大丈夫ということではありません。

当然、借りたお金には利子もつきますしもちろん返済しなければならないからです。 実はこの他のローン返済との兼合い一番多くの人が頭を悩ましている所かも知れません。

 

日常・老後・自分達の生活設計と教育費

進学関係に掛かるローンで多くの方が利用している国の教育ローンを利用している人も、 多くは実は住宅ローンの返済を抱えていたりします。 あるいは今後、マイホームを手に入れる為に頑張っている人も多いかもしれません。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク