教育ローン比較の注意点 contents top

子供との会話の重要性

子供さんの進路を把握する重要性
子供さんが専門学校や大学などに進学する時期になってくると親としては様々な苦労が発生します。 例えば費用の問題や進学先の選択などです。 もちろん子供さん自身も自分自身のなかで目標を持って、 念願の志望校に合格したいと思い悩む事もあるでしょう。

大学などに限って言うと、 親としては出来る限り偏差値の高い大学に進学してほしいものです。 子供の志が高いほど親としてはうれしく感じるものだからです。 しかし、経済的な事情も進学先の選択とは全く切り離して考えることは現実的には不可能です。

現実の問題と子供さんの希望とのギャップを知る
極端な例をあげますが、 例えば子供さんが「医者になりたい」と言い出せば親としてはやはり構えてしまいます。 医学系の学部は私学などの大学の場合は数千万の学費が必要だったりするからです。

さらに、そもそも一般的には難関で狭き門となる医学系の学部に入学できる学力があるのか? という事も根本的な問題として存在してきます。

子供さんだけの力だけでは苦難は無難に乗り切れない?

大学などでは傾向として受験時期は子供さん自身も大変です。 親として進路に関してや志望校に関しての相談には乗ってもいいかもしれませんが、 勉強の進捗具合や学力の伸び具合など迂闊に口にできない繊細な問題もあります。

だからと言って子供さんとの適度なコミュニケーションを失うわけにはいかないのです。 受験記の子供さんは志望校合格の為に一心不乱に勉強してくれる事が望ましいのですが、 難しい年頃で勉強とはあまり関係のない悩みを持っていたりもします。

だからこそ親としては子供の動向に無関心ではいられないのです。 親は全力で子供が快適に勉強できる環境を提供して、 進学の為の費用などの準備を万全にすることがりそうです。

しかし、昨今の経済事情からもわかる通り、 すべての世帯で理想の体制ができることはないのです。 特に、大学受験などを控えるお子さんのを持っている家庭では進路によっては学費が多額に必要な場合も出てくるから、 学費などの問題は深刻になる可能性もあります。

意外と少ない親子の会話

統計によると親とコミュニケーションが十分取れていない世帯が, 実は小学生ぐらいのお子さんを持つ家庭ぐらいから割合が急増しているとか。

いまさら子供とコミュニケーションを密にすることは難しいという親御さんもいるかもしれませんが、 受験と将来の進学先などの選択の問題で子供さんの心も揺れ動いていたり悩んでいたりする場合も多いです。

まずはじっくりコミュニケーションを取るように心がけ、 親子共に一丸となって大変な時期を乗り越えることが重要でしょう。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク