教育ローン比較の注意点 contents top

受験生を持つ家庭と苦労

学力も金銭的な費用も気になる親心
自主的に高い目標を設定して寡黙に勉学に励んでくれればいいのですが、 年頃ともなると色々と誘惑もつきものです。

親としてはいちいち子供の勉強具合を監視するような事も出来るわけでもなく、 子供を信じるしかありません。 それよりも大学の進学に限って話を進めますが、 大学受験は中学受験、高校受験以上に親は金銭的な苦労が絶えません。

家庭の経済事情を重圧ではなく発奮の材料に
経済的な事情を子供さんに押し付ける事は親の立場としてはとても心苦しく感じるものです。 しかし、本音でしっかりと話し合えば意外と子供さんも理解してくれる場合も多いのです。

ただ、あまりにも個々の経済事情を表に出しすぎる事は逆効果になることもあるようです。

例えば、 「ウチの家計の状況では国公立の大学以外は経済的に厳しい、 だから何とか進学するならば国公立へ・・・。」

こういった話は、 学力が順調に伸びているときは発奮材料になっていいかもしれませんが、 スランプを感じているときには逆に重圧となってしまうのです。

これらの点はあくまで各御家庭の状況によって微妙なさじ加減があるかとおもいます。 上手に乗り切るように心がけてください。

親としての勉学への取り組みに対するアドバイス

極端な例ですが、 例えば社会人の人が学歴社会を痛感して再び大学進学を目指す場合などは覚悟が違います。

勉強や資格の取得・キャリアアップなどに使われる目的に融資される、 社会人の為の教育ローンなどを利用している人は、 明確な目的とその目的を実現するための強い意志を持っているからです。

新たに勉強の時間を捻出して、 勉強によって身につけた資格やスキルなどを進路に活かすと決意したならば、 生半可な気持ちでは失敗します。もちろん経済的なリスクも大きくなる覚悟は必要です。

特に大学進学に関しての費用に限定すれば受験費用などは併願校の数だけ必要になります。 それだけでも数万単位のお金が飛んでいく状況となります。

勉強だけに専念できる環境を提供できる事は大きなメリットですが、 それだけでは本当の意味では子供さん自信の奮起の材料にならないこともあります。

バランスが難しいですが、情緒不安定な受験期のお子さんを上手に導ける余裕が親御さんにも必要なのかもしれません。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク