教育ローン比較の注意点 contents top

こども保険と学資保険

貯蓄性を重視するか保障を重視するか見極める
こども保険や学資保険は大雑把に説明すると子供に万が一があった時の保険と、 学費が必要になった時の貯蓄を引っ付けたような性質があります。

ただし、子供さんが生まれたばかり、 あるいは生まれる予定という親御さん以外は今さら過去にさかのぼって加入できるというものではありません。

今から保険に加入しようかと検討している場合は、 選ぶ際の注意点として貯蓄がわりに利用するならば返戻率などはしっかりと確認しておく必要があります。 あれやこれやと保障を求めれば元本割れなどの可能性もある、という事は忘れないようにしたいものです。

学資保険は必ず必要な保険ではない?
別の選択肢を取るのならば共済などの安い掛け捨て保険に親御さんも子供さんも加入するという方法もあります。 この場合ならば、個別に毎月定期預金などを積み立てる必要がありますが、 それぞれの家計のプランや状況にあわせて無理なく教育費を準備できる利点があります。

ただし、きちんと毎月預金するこまめさと、 急な出費などでも可能な限り学費の積立を他で流用しない、 という固い意志が必要になるのでその辺りの覚悟が必要と言えるでしょう。

こども保険や学資保険は途中解約は大きな損失
こども保険や学資保険を選ぶ際の注意点としては、確実に最後まで利用するという事です。 あれこれ保障を増やしたり、 総受取金額を増加させたくなりついつい毎月の支払い金額が大きなものに申込をしてしまいがちです。

こども保険や学資保険は、 最後まで積み立てられる事が前提でサービスが提供されている場合がほとんどだからです。 つまり何らかの理由で中途解約することになると一定期間にペナルティ(解約控除) を受ける事になるのです。

もちろん、総払込保険料と総受取金額を比較して、 できるだけ貯蓄性が高い商品を選ぶことが重要な事は言うまでもありません。

ただ、市況を賑わしている投資対象の株価などを見ても、 一年後にはどのようになっているか? という事は誰にもわかりません。 経済評論家や経済専門家などの予想でもほとんどが外れているという事を考えれば、 負担がない程度の支払額の設定が一番オススメかもしれません。

教育ローンを利用する経緯は各世帯でまちまち

夢のマイホームを手に入れるために切りつめてきた。 世帯の収入が不安定で思うように貯蓄が出来なかった。

教育ローンを利用する人の目的はただ一つ「子供を進学させる学費等の調達」です。 しかし、そういった進学ローンや学資ローンを利用する世帯の家計の状況は一様ではありません。

教育ローンを利用する際に考えるべき事の一つに返済時の金額などがありますが、 少しでも借り入れする金額そのものを減らしたいのであればやはり貯蓄はしておかなければならないでしょう。

学資保険(こども保険)の参考サイト
学資保険比較~申込体験談


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク