教育ローン比較の注意点 contents top

金利について

教育ローンを利用する際の金利面の注意点とは
教育ローンを比較する際の大きな目安は金利のパーセンテージと最大融資額です。 ただそれだけ見ていてはダメな理由があります。

見えていますか?総支払額の総計

ローンは表面金利、保証料、繰上げ返済手数料などいろんな費用が発生します。 これは進学ローンや学資ローンなどを利用する際にも同じ事が言えます。

教育ローンは今や多くの金融機関が取り扱うメジャーなローンサービスになっていますが、 まだまだ学費をローンで工面する側の人達がきちんとした知識を身につけている割合が低いと言われています。

基本的にローンの取扱機関は銀行、信用金庫、信用組合、JA、ろうきん、 そして日本政策金融公庫などです。 最近では信販系の会社も収益構造を改革する為に学資ローン関連の事業に力を入れ始めています。

これだけ教育費の融資に関するローンを取り扱っている機関が多いのは、 それだけ需要があることの裏返しです。賢く比較して上手に利用しましょう。

変動金利と固定金利
金利を比較する上で、金利のパーセンテージだけを見ていてはダメです。 表面上の金利は見ているが金利のタイプは確認していないという人や、 繰り上げ返済時の手数料などを確認していない人は意外と多いのです。

金利のタイプとは借り入れする融資が「固定金利型」であるか、 「変動金利型」であるかの事を指します。

これは借入れ総額が大きく返済期間が長い住宅ローンなどでは特に大きな差になることがありますが、 教育ローンでも基本的には同じ事が言えるのです。

各種ランキングサイトを上手に活用

ウェブサイト上には様々な情報が無料で収集できる便利な一面があります。 各種比較サイトやランキング・口コミサイトもそれに当たります。

「 教育ローン金利最新ランキング 」などと検索ボックスに入力すれば、 色々なランキングサイトが確認できると思います。 教育ローンの低金利ランキングサイトなどでは、 1.5%前後から3.5%前後の金利で学費の融資を行う金融機関もラインナップされています。

こういったサイトを上手に利用する注意点としては情報を鵜呑みにしない慎重さが必要です。 中には広告収入目的で、 いい加減な評価やありえないランキング情報を提供しているサイトも存在するからです。

教育ローンの資料集めや申込を前提とした情報収集ならば、 一つのサイトの情報に偏らず、 出来る限り類似の情報を提供しているサイトで確認する余裕は持ちたいものです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク