教育ローン比較の注意点 contents top

人気の教育ローン

教育ローンの一般的な条件を知ることが第一

国の教育ローンを利用する事が一般的には理想とされています。 理由は金利が安く、借入れ期間も据え置き期間などを含めれば有利だからです。 しかし誰もが利用できる条件を満たすとは限りません。

実際に学資ローンなどを比較した人は資料を集めたり、 それぞれの金融機関のホームページなどを見比べたはずです。

大体はJAバンクやろうきん、 信金、銀行などの進学ローンの条件が頭に入っている人は話が早いです。 あとは自分達の家計の状況となどを考慮して申し込み先を選らべば済みます。

返済総額・スピード・融資額どれが重要?

あなたが学資ローンに求める点はどの点を重視するか、 という事は結構重要です。 それによってアプローチが若干違ってくるからです。

金利?融資までの期間?最大融資額? それとも金融機関の信頼性? あくまで一般的な話ですが、 大手の銀行が行っている教育ローン関連は金利的にはそれ程際立って低い、 という事はありません。

その証拠に「 低金利で安心の教育ローン 」という外部コンテンツをご覧いただければお分かりになるかと思いますが、 意外と比較検討からもれている金融機関でも魅力的なサービスを実施している会社も存在するのです。 ※損保ジャパンの教育ローンの魅力のひとつは「わかりやすさ」ですね。

どのような条件が一般的には有利とされるの?

教育ローンを賢く利用したい方は借りたお金から返済する総額を考えて学費の工面を考えます。 つまり、どれだけの返済期間がありなおかつ最大融資額はいくらであるか? というのが重要になります。

 

学費の支出の性質を考える

教育費は他の出費とは少し性質が異なります。 例えば食費や交友費であれば工夫次第で切り詰める事も可能ですが、 教育費は子供の将来を考えればおいそれと切り詰める事は出来ないのが現実です。

つまり、学費が少し安いからこちらの学校にしておけ、 とか塾代が負担になるからもう行くな、とかは言えないのです。

学歴社会を生き抜いてきた親の世代では子供の教育に力が入る事は自然な事なのです。 最終学歴のアドバンテージの恩赦を受けてきた人も、 最終学歴の差で企業の待遇に不満を感じてきた人も、 子供には出来る限りの事はしてやりたい。と考えるのは親心と言えるからです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク