教育ローン比較の注意点 contents top

国の教育ローン注意点

制度そのものの変更点に注意
教育資金を学資ローンなどで用立てする予定の人は、 利用条件さえ満たせば国の教育ローンを利用する人が圧倒的に多いです。

国の教育ローンの支持される理由
その支持される理由は単純です。 金利が安く返済期間が猶予期間も含めて長い事と、 国が母体で運営しているの安心感があるからです。

利便性も悪くはありません。 日本政策金融公庫の国民生活事業という各支店(全国152店舗) や最寄りの金融機関で取り扱いする制度ですので、 ほとんどの方の身近に窓口があります。

しかし、利用の際や検討の際に注意点も幾つかあります。 すぐに思い浮かばなかった人はぜひとも参考にしてみて下さい。

教育ローン比較する上で知っておきたい事

教育ローンは資金使途が原則として「教育」に限定されるのが一般的な考え方です。 基本的には入学金や授業料といった、学校納付金の金額がわかる書類や、 入学通知書等が申込時に必要な場合もありますので注意が必要です。

また、提携教育ローンなどと呼ばれる学校の窓口を介した学資ローンなども存在します。 その場合は一個人が別に申込よりも有利な条件が付帯されている事もありますので、 学校の窓口で確認してみて損はないでしょう。

志望する進学先によって必要な借入額には差があります。 特に医学関係や薬学部などに進学されるお子さんを持つ親御さん、 は数千万単位のお金が必要になってくる場合もあります。

恐ろしく高額なお金ですが、 その場合は有担保ローンなどの教育ローンを取り扱っている金融機関に問い合わせる必要もあります。

まずは志望する学校の入学金、学費などを調べる事が第一ステップです。 その上で、 複数の教育ローンを比較検討し、金利面や具体的な手数料、 そのほか知りたい情報を問い合わせる方法が順当な手順でしょう。

特に大学進学に関しての費用に限定すれば受験費用などは併願校の数だけ必要になります。 それだけでも数万単位のお金が飛んでいく状況となります。

結局どのような条件が一般的には有利とされるの?
教育ローンを賢く利用したい方は借りたお金から返済する総額を考えて学費の工面を考えます。 つまり、どれだけの返済期間がありなおかつ最大融資額はいくらであるか? というのが重要になります。

 

学費の支出の性質を考える

教育費は他の出費とは少し性質が異なります。 例えば食費や交友費であれば工夫次第で切り詰める事も可能ですが、 教育費は子供の将来を考えればおいそれと切り詰める事は出来ないのが現実です。

つまり、学費が少し安いからこちらの学校にしておけ、 とか塾代が負担になるからもう行くな、とかは言えないのです。

学歴社会を生き抜いてきた親の世代では子供の教育に力が入る事は自然な事なのです。 最終学歴のアドバンテージの恩赦を受けてきた人も、 最終学歴の差で企業の待遇に不満を感じてきた人も、 子供には出来る限りの事はしてやりたい。と考えるのは親心と言えるからです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク