教育ローン比較の注意点 contents top

学資ローンと奨学金

奨学金(しょうがくきん)は、 一時期にまとまった金額が支払えない世帯の学生さんでも進学の機会を得る大きな武器になります。

金銭的・経済的理由により進学等が困難とされる学生さんに均等に学べる機会を与える、 という目的が多いのですが全てがそれにあてはまるわけではありません。 進学先の学校によっては独自に奨学金制度を設けていて、 金銭的・経済的な必要性を問わず、学生の能力に対して奨学金の給付を行っている場合もあります。

子供は勉強・親は行動

奨学金と言えば、国の機関「独立行政法人 日本学生支援機構」が有名です。 学費の工面に困り奨学金を検討している親御さんならば知らない人はいないでしょう。

一方で、学校が独自に設けている奨学金情報などをお探しならば、 一番確実な情報収集方法は直接進学を検討している学校に直接問い合わせて見ることです。 情報収集は行動する事が一番重要なポイントです。

高校などの進路指導課などでは各学校の奨学金情報を収集して、 受験を希望している学生さんに情報を配布している場合もあります。

しかし、子供さんとしっかりコミュニケーションを取って、 親として出来る範囲で行動してあげる事も重要と考える事も出来ます。 つまり、ご自身で進学検討先の学校に直接問い合わせを行ったり、 資料の収集を行う行動力も時として重要と言えるのです。

 

学費の工面の計画は万全に

例えば子供さんが何が何でも大学に進学したいと希望しているならば、 第二希望、第三希望の受験校を設定して受験を行うでしょう。

それと同じではありませんが、 学費の工面の計画も万が一の場合に備えて万全を尽くすことです。

つまり、奨学金の貸与などに全てを傾倒せずに教育ローンの比較・ 検討なども視野に入れた学費の準備を考えておく事が必要なのです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク