教育ローン比較の注意点 contents top

教育ローン一番はどこ?

どのような条件が一般的には有利とされるの?
「教育ローンを利用する際の一番有利な条件はどこ?」 という質問には正確には正解はありません。

というのも、各世帯の経済状況や子供さんの人数、親の収入など千差万別だからです。 誰にでもあてはまる有利な利用方法を述べるとすれば、 必要最小限の分だけ借りて出来る限りすばやく返済する事です。

教育ローンを賢く利用したい方は借りたお金から返済する総額を考えて学費の工面を考えます。 つまり、どれだけの返済期間がありなおかつ最大融資額はいくらであるか? というのが重要になります。

最優先する項目を整理する事が第一
当たり前の話ですが、一週間後に迫った入学金の支払い期日に間に合う事が絶対条件の人が、 少し金利が安いからといって一週間以上融資の可否の審査期間が必要な金融機関に申込をすることはナンセンスです。

条件の良い教育ローンとは

一般的に多くの教育ローンなどを取り扱ったホームページでは国の教育ローンである 「 教育一般貸付 」が条件的に有利としています。

ベタですが、 その次にはやはりJAバンクやろうきんなどの教育ローンが条件的には有利な場合が多いようです。

しかし、国の教育ローンの利用条件に当てはまらず、 JAバンクなどを利用せずに他の金融機関を利用する方も多くいらっしゃいます。

JAバンクやろうきんなどは全国各地にありますが、 地域によってはキャンペーンなどの取り行い状況でなどで条件が大きく違う場合も往々にしてあります。

しかも組合員である事の条件や居住地域など、結構わかりづらい部分もある事も確かです。

一刻でも早く融資を受けたい人は融資までの速さを重視したりする場合もあるからです。 さらに大手銀行などの場合では、 住宅ローンを利用している世帯には特別に優遇金利を設けます。 というサービスを実施している事もあるのです。

学部によっては数千万円の学費也

医学部系や薬学部系で私学大学に進学を行う場合は、 文系などとは桁違いの額の学費が必要になります。

場合によってはそれ以上に高額の学費が必要になる事もあります。 恐ろしい話に聞こえるかもしれませんが、これは現実です。 そういった場合には担保が必要ない「無担保ローン」ではなく、 有担保の教育ローンの利用を検討する必要あります。

もともと、教育ローンといえども「 金融機関などからお金を借入れする事 」ですが、 借入れ期間の短さと借入額の大きさは錠宅ローンなどと比べれば大きくはありません。 しかし、有担保の借入れとなると本格的になってきます。

その場合は当然、 ネットで申込んで必要書類を郵送で送付すればOK的なノリでは済まないのです。 短い期間で必要な額を低金利で借りられる事ができる金融機関が、 あなたにとって一番適した学資ローンの借入先です。

当たり前のことですが、 追い込まれたり切羽詰った状況ではこういった基本的な事のどれかが抜けたりしますので、 出来る限り余裕を持って行動できるように備えをしておきたいものです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク