教育ローン比較の注意点 contents top

学費の考え方と準備

学費の準備の必要性
学費は単なる支出か?それとも別の意味での投資か?

義務教育を終える事に現実問題に嫌でも直面させられるのが子供さんの教育費です。 実際に高校も私学、 大学も私学となると学部によりますが大きな出費が待ち受けていることは確かです。

しかし、 普通の親御さんであれば「家庭の経済情勢さえ許せば」 子供さんの望む進路に進む事を応援してあげたいと考えるものです。

学費は単純な意味での出費ではありません
教育費というのは、保険や老後の備えなどとは少し意味合いが異なります。 単純な出費でもなくて、親自身のライフプランの為の投資でもないからです。

しかし、子供さんの進学に関する費用は、 これからの若い人間未来に関する可能性を広げるための費用と考える事もできます。

一方で全てを切り離して考える事も経済的に難しいことも現実です。

やっぱり有利?こども保険・学資保険

子供が誕生した時に検討しておきたいものに教育資金の準備があります。 今現在子供さんの進学を目前に控えている方にとっては無用の情報ですが、 子供さんが幼い家庭の親御さんは検討する価値は十分あるかと思います。

ご存知の方も多いかもしれませんし、 学費の工面に奔走している方にとっては今更という話かもしれませんが、 こども保険や学資保険は長い年月をかけて学費を準備する手段の一つです。

学資保険と教育ローンについては、 別サイトコンテンツ「 学資保険と進学ローン 」で少し詳しく解説させていただいています。

ここで簡単に解説させていただくと、 教育ローンを利用して10年間を費やして返済するよりも、 学資保険などを利用して15年ぐらいかけて教育費を準備する方が総額的には有利な場合が多いのです。


教育ローンイメージサイド2

▼スポンサードリンク